TOPNEWS幼稚園について幼稚園での生活預かり保育体育クラブ入園要項幼稚園の概要 青葉台幼稚園
幼稚園について-青葉台幼稚園の方針など。

 ごあいさつ

汽車  「三つ子の魂百まで」と言う教えにもあります様に幼児期は、人間形成の基盤を培う大切な時期。そして、色々な可能性を持った21世紀を担う子供達―。その子供達が健やかに育つ為には、バランスを図った体験活動が不可欠と言われます。幼稚園で出会う様々な事や沢山の仲間達との関わりの中で色々な事を身につけ、相手を尊重する気持ちを持って行動出来る様、毎日の積み重ねの生活を大切に考え、誉め、励まし、認め合いながら、子供・親・教師が三位一体となって将来の礎を築いていきたいと思います。


 本園の保育方針

 田園都市の緑と太陽に恵まれた環境の中、木の温もりのある施設のもとで、日常の基本的な生活習慣や態度、豊かな情操教育を身に付けさせ、のびのびと明るく心身ともにたくましい子どもを育んでいます。
 そして様々な生活体験の中で、他を優しく思いやる心を育て、会話を楽しみ文字にも自然に興味関心が持てるように導いています。また、砂の山を造ったり、絵画活動や積み木を並べたりする遊びの中で感性や数量感覚を磨くことも指導の指針としています。

 教育目的

 幼児にふさわしい環境を与え、そこで幼児を生活させ一人一人にとって望ましい方向に心身の発達がよりよく促進されるように導きます。



 教育目標 〜三つの柱〜

稲の苗を植える■丈夫な体
健康を第一とし外遊びを多く取り入れ、また年間を通し温水プールで体力・気力を養います。
■素直な心
子どもの持っている純粋な気持ちを大切にし友達同志関わる中で思いやりの心を育てます。
■生活習慣
元気一杯の挨拶、衣服の着脱や食事のマナー等、基本的な生活習慣を身につけさせます。


Copyright (C)2003 Aobadai Kindergarten. All Rights Reserved.