TOPNEWS幼稚園について幼稚園での生活預かり保育体育クラブ入園要項幼稚園の概要 青葉台幼稚園
幼稚園について-青葉台幼稚園の方針など。

 はじめに

汽車  青葉台幼稚園は1966年(昭和41年)に開設され2016年(平成28年)50周年を迎えました。東急田園都市線青葉台駅に近く、緑に囲まれ広い園庭のある恵まれた立地環境、木の温もりのある施設のもとで子どもたちは明るくのびのびと生活しています。このたび平成24年8月成立した「子ども子育て支援法」に基き「幼保連携型認定こども園青葉台幼稚園」としての歩みをはじめます。あたたかい家庭的な雰囲気の中で0歳から小学校就学前までの子どもたちが充実した教育保育活動を展開し、保護者の皆様と共に子どもが健やかに安心して生活する園として運営をすすめてまいります。  保育教諭は園児一人ひとりの気持ちを大事にしながら、愛情豊かに子どもたちを見守り育てます。又、保護者の皆様と信頼関係を深め、人生の基礎となる大切な乳幼児期を保護者の皆様と共に子どもたちの成長を支え大切にすごしたいと願います。これからの園生活の中で様々な約束事、行事の参加依頼なども出てくることと思います。ご理解ご協力よろしくお願いいたします。


 学校法人国際学園は
 星槎グループに所属しています


 中国には、太古、ある人が光のある巨大な槎(いかだ)に乗って天を一周したという故事あるいは槎に乗って天の川に行ったという故事(天の川と海とが通じているという考えに基づく)がありますが、これは古来より「海の中から現われた『いかだ』が天空を旅した」という伝説に結びつき「星槎」という言葉になりました。 「槎」は「いかだ=(舟)」のことで、長さ・太さの違いこそ当然あるでしょうが一本一本を合わせれば大きな舟となり、悠々と目的に向かって進んでいくことができるのです。  こども園の園児一人ひとりが一緒になって大きな船をつくりその船に乗って「星(未来)」を目指して豊かに成長して欲しいという願いが「星槎」には込められています。
汽車であそぶ

 星槎グループ3つの約束

1.ひとを認める
2.ひとを排除しない
3.仲間を作る


 教育・保育目標 〜五つの柱〜

稲の苗を植える■丈夫な体
健康を第一とし、外遊びを多く取り入れ、また年間を通し温水プールで体力・気力を養います。
■素直な心
子どもの持っている純粋な気持ちを大切にし、友だち同士関わる中で思いやりの心を育みます。
■考える頭
豊かな経験を重ねて満足感を得ることにより、自分で考えて行動する力や自信を持ち意欲ある子に育てます。自然や身の回りのものに好奇心や探究心を持ち、知識を広げ知恵として活用し、生きる力を育てます。
■生活習慣
元気いっぱいの挨拶、衣服の着脱や食事のマナー等、基本的な生活習慣を身につけ社会性を育てます。
■安心安定した生活
一人ひとりの気持ちを大切にし、情緒の安定を図りながら生活リズムを整えます。


Copyright (C)2003 Aobadai Kindergarten. All Rights Reserved.